鰹節の通販なら堅魚屋オンラインショップ

焼津 堅魚屋(かたうおや)

送料無料
電話番号
MENU

堅魚屋とは

堅魚屋の鰹節づくり堅魚屋の鰹節づくり

焼津に対しての想い

焼津港

焼津鰹節の歴史は長く1,300年も前から鰹節の生産地であり、日本古来の調味料として朝廷へ献納してきた歴史と伝統を持っています。焼津という地域全体では、明治時代の焼津鰹節標準型の開発・普及から鰹節業界のリーダーとして鰹節の規格化、工業化、近代化に貢献してきました。
焼津港は、鰹節の生産地という事もあり冷凍カツオで50年以上日本一の水揚げを誇る遠洋漁業基地となっています。また、焼津鰹節がある事で世界でも渡り合える漁村として成長し、業界相互に補完しながら歴史を紡いできました。半世紀以上も続いた日本一という実績は、先人たちの測り知れない努力によってできあがっています。
わたしたちは、そんな重厚な先人達からのバトンを次代につないでいく義務があると考えています。今後も鰹節の食文化を伝え広げていく事で地元を盛り上げていきたいと思います。

堅魚と温故知新

堅魚屋の鰹節づくり

鰹節の鰹は“魚偏に堅い”と書きます。
鰹を乾燥させるととても堅くなる特性から、1300年前鰹節の原型は“堅魚(かたうお)”と呼ばれていました。
この頃は今の燻乾する方法ではなく、天日乾燥や煮て干したもので、保存食として作られていました。
鰹節は、1300年以上前から日本の食文化と共にあり、和食の基本として現代まで息づいています。
この古くから続く鰹節の歴史を、温故知新として後世にも、世界にも伝え広めて行きたい。
ブランド名「堅魚屋」にはそんな思いが込められています。

職人のこだわり

  1. 1つくりの伝承

    鰹節づくりの工程は先代から丁寧な指導を受けました。鰹を捌くところのコツやポイントを教えいただき、五感を使用して鰹節をつくっていくことの重要さを学び、機械にはできない感覚を大切にしています。

  2. 2手間をとことんかける

    鰹節は味はもちろん形や花色も重要なので原料となる鰹を仕入れるところから焙乾作業、選別箱詰め工程まで全てにこだわっています。
    鰹節は手間をかけるとかけた分だけ美味しくなるので手間暇かけて節をつくっています。鰹節づくりの技術はすぐに身につくものではないので誇りを持ち丁寧につくり上げています。

  3. 3日々の調整

    鰹節職人は、その日の天気、気温と湿度、季節に応じて薪の本数を調整して燻しています。また、鰹節が乾燥していくスピードも異なりますので職人が日々チェックして調整しています。

会社概要

会社名 株式会社 新丸正
創業 1935年 3月
設立 1951年4月23日
所在地 静岡県焼津市三和1384-1
資本金 1,000万円
事業内容 水産加工業(製造販売品目:鰹節、削り節、
だし粉末、ダシパック、液体だし、佃煮、
鰹節関連商品 他)の開発・製造・販売
迷ったらこれ
カテゴリー一覧
  • お試し
  • かつお節
  • 出汁
  • 調味料
  • ふりかけ
  • 毎日の食卓に
  • お茶漬け
  • キッチン雑貨
  • 用途で選ぶ
OEM承ります
pdfカタログ
しんまるこちゃん

店舗のイベント情報や鰹節屋の日常、
豆知識などをアップしていきます。
今後ともよろしくお願いします。

facebook
堅魚屋×YouTube